2009年11月03日

孫の日の本

おもちゃ屋さんだけではなく、最近は本屋さんでも孫の日の特集をやっているようです。
孫の日と本の関係は何なのでしょうか。
こどもにおもちゃやゲームを買ってやることに抵抗を感じる人は多いかもしれません。
だから本ならこどものためになるだろうということです。
孫の日に限らず、本をプレゼントするという人はいます。
本屋さんではこどもの年代に合わせてお勧めの本としてリストアップしています。
孫の日に関する本があるわけではありません。
おじいさんやおばあさんが孫に読んでやる本なのです。
もちろん、ある程度の年齢になれば読んでやる必要はないでしょう。
最近の若者の本離れは話題になっているくらいですから、こどもの時だけでも本を読んでほしいものです。
メールやパソコンで文章を読むよりも、本を手に持ってじっくり読むことがよい効果をもたらすのではないでしょうか。
孫の日に贈る本はそこまで考える必要はないでしょう。
ゲームなどを贈ると、娘や息子から余計なものを買ったと文句が出るかもしれません。
ゲームのやりすぎは家庭内でよくもめるのです。
その点、本ならばそのような問題を招くことはないでしょう。
本を読むなと言う親はいないからです。
しかし、おじいさんやおばあさんの年代では孫がどのような本を喜ぶかはわからないでしょう。
本屋さんで孫の日の特集として並べているものの中から選ぶことが無難です。
その時の流行りの本があるからです。
それでも昔からずっと出版されている息の長い本もあったりします。
posted by 孫の日 at 20:30 | TrackBack(0) | 孫の日 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131951801

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。