2009年11月03日

孫の日に悩む

孫の日はおじいちゃんやおばあちゃんが自分の孫たちにプレゼントなどをしたりする日だそうです。
しかし、実際にプレゼントをしようとして悩んでいる人が多いという調査結果があります。
それは孫の好きな食べ物、好みの洋服、ほしいおもちゃなどがわからないということなのです。
一緒に住んでいるわけではないでしょうから、知っていなくて当たり前なのです。
こどもははっきりしていますから、プレゼントがほしいものではなかったらそっぽを向いてしまうでしょう。
そうなれば何のためのプレゼントかわからなくなってしまうのです。
おじいさんやおばあさんは悩んでいるのです。
今はやりのものがどんなものかも当然わかるわけがないのです。
そのような時は悩まずに、孫と一緒におもちゃ屋さんに行けばいいのです。
または、息子や娘に相談してみるのもよいでしょう。
親として買ってやってもいいものに何らかのこだわりがあったりしますから、親の方に相談しておいた方が賢明です。
プレゼントではなく、一緒に遊びに行くとか食事に行くといったことならば、比較的悩むことも少ないのでないでしょうか。
年を取ってから、どうでもいいことで悩むのは馬鹿らしいのではないですか。
もっと大局的に見てみましょう。
おもちゃ屋さんや世の中の流行に惑わされてはいませんか。
自分たちが孫とふれあいたいと考えているのであれば、そのようにすればよいのです。
孫の日などは日本人の3割程度しか知らないのです。
あなたは知っていることを自慢してもよいかもしれませんね。
posted by 孫の日 at 20:30 | TrackBack(0) | 孫の日 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。