2009年11月03日

孫の日のケーキ

孫の日にケーキを食べると言う人が多いらしいです。
もっとも孫の日を知っていて、何か家族でのイベントをする人の中で多いということです。
日本中の孫たちの中のどれくらいがそうかはわかりません。
たぶん2,3割と言ったところでしょうか。
それでも、ケーキ屋さんの売り上げにしてみればまとまった数になりますね。
「孫の日を考えてくれた人ありがとう」と叫びたくなる人たちもいるかもしれません。
現在の不況の時期であるならば、なおのことうれしいはずです。
孫の日のケーキと言っても、特別なものではありません。
表に孫の日の包み紙を使うくらいでしょう。
誕生日ではありませんから、孫の名前を書くのも変ですよね。
ケーキは甘いですから、こどもたちは喜ぶでしょう。
お年寄りもケーキならば食べられますから、家族みんなでケーキを食べましょう。
10月のころはどのようなケーキが旬でしょうか。
最近のケーキは特に季節が感じられることは少ないですね。
秋の味覚のクリなどはどうでしょうか。
マロンクリームケーキです。
特別豪華にする必要もありません。
要するになんでもいいのですよ。
みんなで楽しく食べることができれば、それで目的は達成していると言えるでしょう。
特にこども夫婦が遠方にいるのであれば、せっかくですから訪ねていきましょう。
しかし、その時のお土産としてケーキは無理ですね。
その代わりにおもちゃやお菓子などを持っていけばいいのです。
孫の日にこだわる必要はありません。
こどももお年寄りも食べられるものなら何でもいいでしょう。
posted by 孫の日 at 20:30 | TrackBack(0) | 孫の日 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。