2009年11月03日

孫の日の発想

孫の日という考えはどこからきたのでしょうか。
日本百貨店協会の人たちが考えたのでしょうが、敬老の日に対して孫の日と言うことらしいです。
本当かどうかはわかりませんけどね。
敬老の日がお年寄りに敬意を表するという日であるならば、孫の日は孫に感謝する日でしょうか。
もちろん、孫の顔を見られる幸せに感謝する気持ちならばわかりますが、孫には感謝する人はいないですよね。
ですから、孫とのふれあいで幸せをかみしめると言うことですね。
もちろん孫の日を提唱した人たちは、そこまで深く考えていたわけではないでしょう。
ビジネスとして売り上げ増を狙ったものであることは間違いありません。
孫の日の知名度はいまひとつですが、それ以外にもいろいろな記念日があるのですね
インターネットなどで調べてみるとおもしろいですよ。
いろいろな記念日があると、その都度プレゼントやケーキを買ってしまうということなのです。
バレンタインデーとホワイトデーならば、半分ぐらいは実益を兼ねている気がします。
当事者たちがぜひとも参加したいと考えている記念日ですよね。
孫の日は当事者がまだ小さいということもありますが、あまり盛り上がらないのではないでしょうか。
そこまでして、ふれあいを深めたいのかどうか、おじいさん、おばあさんにもわからないからです。
何となく孫の日がやってくると言った感じでしょう。
もっとポピュラーな記念日になれば、状況は変わってくるでしょう。
ホワイトデーも昔はそうだったはずです。
posted by 孫の日 at 20:30 | TrackBack(0) | 孫の日 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。