2009年11月03日

孫の日はなぜ10月か

孫の日は10月の第3日曜日なのですが、この理由を知りたいと思いませんか。
もともと、百貨店協会がこの日を孫の日と決めたのですが、この時期に意味があるのでしょうか。
10月と言えば運動会シーズンです。
最近は9月に運動会が行われることが多くなってはいます。
百貨店の売り上げなどを見た時に10月というものが低調な時期ではないかと考えられます。
もちろん、そのようなデータがあるわけではありません。
9月には敬老の日があります。
これは国民の祝日ですから、知らない人はいないでしょう。
それからちょうど一カ月後が孫の日なのです。
敬老の日から見ると逆方向の日と言うことでしょう。
10月は祝日があまりありません。
孫の日が祝日になると考える人はほとんどいないでしょうが、日曜日を何かの記念日にすることで、デパートの売り上げが伸びることは十分に考えられます。
孫とおじいちゃん、おばあちゃんの組み合わせであれば、デパートの乗り物などが安くなったり、無料になったりするキャンペーンをし易いということでしょう。
10月の後半ですから運動会も終わり、一息ついているところでしょう。
個人的に言えば、どちらかというと、のんびり家の中で過ごしたいところですね。
世の中のおじいちゃん、おばあちゃんがどのように考えているかはわかりませんが、百貨店協会の狙い通りには言っていないといのが現状でしょう。
これから、孫の日がどのようになっていくかはわかりませんが、孫がいない人にとっては関心がないことだけは間違いありません。
posted by 孫の日 at 20:30 | TrackBack(0) | 孫の日 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。