2009年11月03日

孫の日の調査

孫の日のことについて調査した結果があるようです。
その内容を紹介してみましょう。
一般的に考えて孫の日と言うものの認知度は低いと考えますが、あなたはどうでしょうか。
調査の結果では6割から7割の人が知らないのですね。
これは孫がいる人に聞いた調査です。
年を追うごとに認知度が上がっているかと言うとそうでもないのです。
アンケートに答えた人がどのような人かはわかりませんが、認知度が上がらないということはその必要性を感じていないからでしょう。
おもちゃ屋さんに行けば孫の日と書いてあるから、「へえ、そんな日があったのか」といった具合でしょう。
孫の日にプレゼントをするかという問いに対しては、3,4割の人がしたいと答えています。
これも年ごとに増えているという訳ではありません。
その年の世の中の状況に大きく左右されているかもしれません。
孫の日と言うものがおじいちゃん、おばあちゃんと孫とのふれあいと言うことであれば、その必要性を感じていないということでしょう。
何故孫の日があるのか、理解できない人も多いと考えるべきでしょう。
百貨店やおもちゃ屋としては、孫の日にプレゼントを送ってもらうという目論見があるのでしょうが、世の中それほど思い通りにはいかないということです。
バレンタインデーなどであれば、それなりに当事者たちにも意義があります。
しかし、孫の日に意義を見出すことは難しいのではないでしょうか。
孫に感謝しようと考える人はいるかもしれませんが、わざわざ特定の日に感謝するというのもおかしなものですね。
posted by 孫の日 at 20:30 | TrackBack(0) | 孫の日 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。